テニスの歴史

テニスブームと時代

時代を超えて、世代を超えて楽しまれてきたスポーツ、テニス。テニスをテーマとした様々な作品も生み出され、テニスブームが社会現象となったこともありました。
大勢の人を魅了し、社会を動かしたあの時代、この時代のテニスを改めて振り返ってみましょう。

「ミッチーブーム」と第一次テニスブーム

1958(昭和33)年から翌59(昭和34)年にかけて、現天皇・皇后陛下のご成婚に伴う「ミッチーブーム」が現れ、当時の社会現象となりました。両陛下の軽井沢でのテニスロマンスからご成婚へと至ったことが有名となり、戦後最初のテニスブームが現れました。正田美智子さん(現皇后陛下)のテニス時の服装や白手袋、カメオのブローチ、ストール、白の長手袋などが「ミッチースタイル」として大流行し、戦後の景気回復ともあいまって、各地でテニスコートの整備が相次ぎました。

日本人選手の活躍と第二次テニスブーム

「ミッチーブーム」の到来から10数年を経た1971(昭和46)年、デビスカップにて日本は50年ぶりに強豪オーストラリアを破るという快挙を成し遂げました。1975(昭和50)年には、全英オープンで沢松和子とアン清村のペアが女子ダブルスで優勝します。
相次ぐ日本人選手の活躍によってテニスブームが再燃し、第二次テニスブームが巻き起こりました。
このブームは10年あまりにわたって持続し、土地の有効利用として全国各地にテニスコートが整備され、会社の福利厚生施設や自治体のスポーツ施設、別荘地のペンションなどにも先を争ってテニスコートが設けられました。昭和50年代の中ごろから終わりごろはテニススクールはどこもキャンセル待ち、テニスコートは朝から晩まで盛況だったということです。
近年、空前のジュニアテニスブームだといわれていますが、この背景には第一次テニスブーム・第二次テニスブームのころにテニスを楽しんだ人々がお子さんやお孫さんとテニスを楽しむようになってきていることも挙げられるようです。

テニスブームと名作マンガ

テニスを題材としたマンガ・アニメも、テニスブームを語る上で欠かせません。
近年特に話題となった作品は『テニスの王子様』です。2001(平成13)年にはテレビアニメ化され、劇場アニメやラジオドラマ、ミュージカルなど多くの分野で展開しました。2002(平成14)年から2004(平成16)年にかけて、高校生のテニス競技人口は増加をみせていますが、この時期は『テニスの王子様』が連載され、テレビアニメが放映されていた時期に該当します。
『テニスの王子様』の他にも、『Happy!』や『しゃにむにGO』、『見上げてごらん』等テニスを題材としたマンガは多数ありますが、中でも『エースをねらえ!』は1970年代から80年代にかけて絶大な人気を誇り、当時のテニスブームも後押しした「元祖・テニス名作マンガ」として有名です。