テニスの歴史

テニスの語源

【テニス】・・イギリスの詩人ジョン・ガウワーが1339年に著した「平和を讃えて」の詩の中に「Tenetz」というスペルが出ており、これがテニスの語源ではないかと言われています。

【ラケット】・・ラテン語で「手首・足首」の意味の「Rachete」からイタリア語のRachettaが誕生しました。またアラビア語のRacketsは「手のひら」の意味です。

【ローンテニス】・・ローンは「芝生」という意味の英語Lawnのことです。ウイングフィールド少佐がテニスを広めた際、芝生のコートが使われたことが由来となっています。

【サーブ(サービス)】・・中世でレシーバーにあたる人の従者がはじめの一球を屋根に打ち上げたことから、「従者」servantが主人に行う行為「サービス」Serviceに転じて呼ぶようになりました。

関連記事