テニスでの点数のカウント

テニスでは、点数を数えるときに、独特の言葉を使います。4ポイント先取で1ゲーム獲得となりますが、0、1、2、3ポイントを「ラブ」「15」「30」「40」と数えるのです。現在の点数の数え方が規則として正式に定まったのは、19世紀後半。1877年の第1回ウィンブルドン選手権が行われるときに、実行委員会によって定められたそうです。
しかし、点数の数え方が規則として定まる前から、0は「ラブ」と呼ばれ、ポイントは15、30、40と数えられていました。なぜこのような呼び方をするようになったのでしょう?

なぜ0ポイントを「ラブ」と呼ぶの?

様々な説があり、どれが真実なのか定かではないというのが本当のところです。 有力とされている説の1つでは、フランス語で「卵」を意味する「l'oeuf」から取った言葉なのではないかと言われています。これは、0と卵の形が似ていることが由来しています。

では、「l'oeuf」がどうして「love」になったのでしょうか。
フランスの修道院で生まれ、貴族の間に広まったテニスの前身ジュドポーム。これがイギリスに伝わったとき、イギリス人が「l'oeuf」をうまく発音できなかったのか、それとも聞き間違えたのか…。とにかく「l'oeuf」を「love」と言ってしまい、それがそのまま定着したという説が有力です。
また、イギリスにはクリケットという、野球に似た伝統的なスポーツがあります。この競技では、打者の得点が0に終わったとき、「duck」又は「duck's egg」と呼ぶそうです。このことから、もともとイギリス人にも0と卵を結びつける考えがあったのではないかとも言われています。

そのほかに、英語の「love」にはかつて「nothing」という意味があり、「何もない状態(nothing)から始める」という意味で「love」が使われたのではないかという説もあります。

なぜ15、30、40と数えるの?

0ポイントをなぜ「ラブ」と呼ぶのか、と同じく「15」「30」「40」という点数の数え方の起源にも様々な説があり、「この説が確実に正しい!」とは言えないようです。代表的な説には、「時計の文字盤を4つに分けた」「14世紀頃、プレーヤー同士の賭けの際に使われていた1ドゥニエ銅貨が4枚で60スウという金額になるため、60スウの4分の1である15スウを1つの単位とした」「(ジュドポームを行っていた)修道院の生活時間が15分単位であった」というものがあります。

ただ、これらの説ではいずれも3ポイント目は45になるはず。なぜ3ポイント目が45ではなく40なのでしょうか。これは、45を「forty-five」と言うのが長くて言いづらかったから単純化した、という説が有力なようです。

関連記事