テニススポーツ医学

テニスは老若男女で楽しめる手軽なスポーツですが、過酷な一面ももっています。
プロのようにハードにしないからと準備運動や体のケアを怠っていると思わぬ大怪我にも繋がり兼ねません。
また、時にはついハッスルしすぎて、体に無理をさせてしまうこともあるのではないでしょうか?
このページではテニスをしているときに起こりやすい怪我や故障などを紹介するとともに、症状や予防法、簡単な治療法も紹介していきます。
ただし、完全な治療法ではありませんから、怪我や故障の可能性があれば速やかにお医者さんにみてもらうようにしましょう。

首・腕・肘・手

ラケットを扱いますから、上半身では特に腕周りの怪我・故障が多くなります。ラケットは、自分の体格に合ったものを選びましょう。また、体の動かし方が正しいかどうか、コーチからチェックを受けることも怪我の防止に役立ちます。
軽い筋肉痛だと油断していると、大きな故障を招きかねません。
楽しみたい気持ちは分かりますが、病気と同じように早期発見が早期治療に繋がります。長くテニスを続けるためにも、くれぐれも無理はしないよう注意していきましょう。

腰・膝・足

腰や膝など下半身は様々なスポーツの要です。テニスでも例外ではなく、左右への素早い動きが要求されるスポーツですから、筋肉にも大きな負担がかかります。疲労が堪っている時にバランスを崩し、無理な体勢から怪我をしてしまうこともあります。怪我や故障の防止とともに、回復も早くなるように、応急処置や表面化しない症状を知っておくことが大切です。

エムズテニスパーク併設のまつい接骨院
エムズテニスパークには接骨院が併設してあります。 万が一練習中に怪我をしてしまった際にも早急な処置を行えます。