テニススポーツ医学

脱臼

脱臼とは、関節が手足などから外れてしまった状態のことです。どこの関節にも起こりえる怪我ですが、テニスではラケットを振る際に肘や肩などを脱臼してしまうケースが多いようです。

脱臼の症状と予防法

予防法としては、運動前の十分なストレッチと関節の周囲の筋力を鍛えることです。特に、肩関節の予防では肩甲骨の周囲の筋力(肩甲帯)を強化するトレーニングが有効です。
また、重すぎるラケットを使っていると肩や肘に負担がかかり、脱臼の恐れが高くなります。適度な重量のラケットを選択しましょう。
最も注意したいのは、一度脱臼した部分の再発です。脱臼すると同時に関節中の靭帯などが損傷してしまい、その修復が十分に行われないと簡単に脱臼を繰り返してしまうようになります。こういった「脱臼癖」を予防するためには、脱臼してしまった際に靱帯や軟骨の修復がされるまで十分な安静固定を行うことです。

脱臼の治療

応急処置としては、患部を固定してアイシングを行ってください。そして、できるだけ早く専門医による整復を行ってもらうようにしましょう。
軽い症状の場合に自分で外れてしまった関節を戻してしまう人もいますが、専門知識を持たない方が安易に整復することは症状を深めてしまうことにもなりかねません。また、骨折やほかの損傷を伴っている場合もありますので、速やかに接骨院か整形外科を受診してください。