テニススポーツ医学

つき指

つき指は日常生活でも起こりやすい怪我のひとつです。外部から強い衝撃を受けることで、指が損傷している状態です。軽い打撲で済んでしまうことも多く、詳しい怪我の症状や程度を自己判断することは難しいでしょう。ひどい時には、捻挫や脱臼、骨折に至るケースもありますから、接骨院や病院で正確な診断を受けたほうが安心です。処置が遅い場合や、不適切な場合、痛みが治まっても指の変形や機能障害が残る可能性もありますから、軽視してはいけません。

つき指の症状と予防法

バスケットボールやバレーボールなどではつき指を防止のサポーターがあるようです。テニスではあまり用いませんが、つき指の程度が軽くプレーを続けるのであれば、テーピングなどで固定するとよいでしょう。また、手の指だけとは限りません。稀に、足の指がつき指になることもあります。対策としては、自分の足にしっかりとフィットしたシューズを選んでください。

つき指の治療

つき指になった時は指を引っ張ってはいけません。「つき指」ということから、自分で元に戻そうとする人がいますが、非常に危険です。見た目ではどの程度の損傷なのかが分からないので、むやみに動かしてはいけません。まずは指を冷やし、痛みが軽ければテーピングで固定します。この時、冷やし過ぎると血行が悪くなってしまいます。ただし、なるべく早く医師の診断を受けてください。完全に折れてはいなくても、骨にヒビが入っていることも考えられます。程度によって、添え木での固定や、ギブスをすることになります。いずれにせよ、あまり指を動かさず安静にしておかなければなりません。

関連記事